HOME
PROFILE BASIC PHILOSOPHY SITEMAP
▼ サイトメニュー ▼
▼ サイト管理人 
福井県大野市
市議会議員

石塚 淳子
▼ 連絡先 
■所在地■
〒912-0022
福井県大野市陽明町
3−401

■TEL■
0779−65−3606

■FAX■
0779−69−5054
  >>平成26年12月
>>平成26年7月
>>平成26年3月
>>平成25年9月
>>平成25年6月
>>平成24年12月
>>平成24年9月
>>平成24年6月
>>平成23年12月
>>平成23年9月
>>平成23年6月
>>平成23年3月
>>平成22年9月
>>平成22年7月
>>平成22年3月
>>平成21年12月
>>平成21年9月
>>平成21年6月
>>平成21年3月
>>平成20年12月
 
>>平成20年9月
>>平成20年6月

>>平成20年3月
 
>>平成19年12月 
>>平成19年9月
>>平成19年6月
>>平成19年3月

 

 

 


 


平成26年12月・第390回定例会 一般質問

1 生活困窮者に対する支援について

 ○平成27年4月からの、「生活困窮者自立支援法」の施行に向
  けて生活困窮者の自立相談体制については

 ○生活貧困者の早期発見や早期支援については

 ○子どもの貧困対策についての施策は
  
 ○生活貧困家庭の子ども達に対しての学習支援事業は

2 災害時の避難勧告や防災行動計画について

 ○事前防災行動計画「タイムライン」の策定については

 ○避難勧告を発令する「数値基準」を定め、さらに住民への
  公表については
  
 ○住民の防災意識を高めて確実に避難するための取組に
  ついては

 ○防災行政無線について
  ・これまでどの様な災害情報を発信したのか
  ・住民はこの情報発信をどの様に受け止め、どの様な危機
  意識をもたれたの

 ○災害弱者への支援について
  ・いろいろな障害を持った方々への障害ごとの、防災行動計画
  は
 

3 入札制度について

 ○入札方法について
  ・郵便入札のメリット・デメリットは
  ・電子入札への移行は

 ○最低制限基本価格の公表のメリットは

 ○予定価格および最低制限基本価格の設定は何を基準に
  定められているのか

 ○ここ数年の落札率および請負状況と市内への経済効果等を
  どのように評価、分析されているのか


                      トップへ

 


平成26年7月・第389回定例会 一般質問

1 学校教育について

 ○土曜日授業について
   ・国や都道府県教委から、土曜授業の実施に関して、どのよう
   な指示や、通知があったのか
   ・土曜授業の実施について、今後、どのように取り組んで
   いくのか
   ・文科省の「地域の豊かな社会資源を活用した土曜日の教育
   支援体制構築事業」の活用も含め、地域の豊富な人材を生
   かして、子どもたちが、豊かで、有意義な土曜日を過ごせる
   ような取組みついては
   ・解らない所や苦手部分をサポートする地域の教育力を活用
   した「公営塾」の開設については

 ○インターネットを活用した授業について
   ・電子黒板の導入状況と今後の予定は
   ・子ども達にタブレット端末を導入し電子黒板等ITツールとの

2 自転車の安全対策について

 ○自転車マナーの向上対策等について
  ・市民の自転車の利用状況や、自転車事故の実態をどのよう
   に把握し、どのように分析しているのか
  ・自転車の交通ルールの遵守や、市民の自転車運転マナーを
   どのように認識しているのか

 ○自転車運転免許証の、交付制度は
  
 ○自転車の安全整備の促進は

 ○自転車の安全な利用の促進に関する条例を制定しては

3 認知症支援について

 ○認知症への取組の現状と課題は

 ○認知症サポーターについて
  ・本市の認知症サポーターの人数並びに性別、年代、職業
   などは
  ・サポーター養成講座の開催状況と、人数の推移は
  ・企業など職域に対して、認知症サポーター養成の働きかけ
   や、支援は

 ○市民への認知症の普及・啓発と、地域の中での支援の
   ネットワークづくりのために、民間の商店や事業所等に対
   する、認定制度を創設しては
 

 ○認知症の早期発見につながる「タッチパネル方式」の検査の
   取り入れは


                      トップへ

 


平成26年3月・第388回定例会 一般質問

1 人口減少対策と大野市の魅力について

 ○人口減少対策に対する総合施策会議での検討結果は
  その結果を26年度予算にとのように反映されたのか

 ○大野の魅力について
  ・高齢者・働く人・子育て世代・若者・子供達とっての魅力は

 ○「市制60周年」「結のくに発祥」を契機として、これからの大野市のビジョンは

2 職員について

 ○職員の昇任並びに人事異動を実施するための基準は

 ○定年退職職員について
  ・定年退職職員の再任用は
  ・市の関わりのある事業団体への再就職者数は

 ○職員の健康管理について
  ・職員の健康診断受診率とその後の取り組みは
  ・職員の病気休暇の状況は
  ・一人当たりの時間外勤務時間数、長時間労働による健康の保持は

3 スポーツ振興について

 ○2巡目福井国体について
  ・準備の進捗状況は
  ・選手の育成状況と2巡目福井国体出場選手予定(目標)数は
  ・選手・監督などの役員や応援の方々が 何名くらい大野に訪れるのか
  ・宿泊施設は
  ・市民を巻き込み市民が関われる機会を確保する仕組みは
  ・国体開催に向け200万円の交付金制度が創設されましたが内容と目的は

 ○ジュニアアスリート育成について
  ・市内の小・中学生のスポーツ競技の児童・生徒数は
  ・小学・中学と継続してスポーツ機会を生徒に提供する為の運動部活動は
  ・運動部指導者の現状と外部指導者の受け入れは

 ○スポーツコミッションについての見解


                      トップへ

 


平成25年9月・第386回定例会 一般質問

1 安全・安心なまちづくりについて

 ○建築物の耐震化について
  ・大野市建築物耐震改修促進計画の対象となる建築 物の棟数は また、その対象建築物それぞれの耐震化率は
  ・一般住宅において、耐震診断・補強プラン・耐震改修の数は
  ・建築物耐震改修等促進事業の周知は
  ・大野市建築物耐震改修促進計画は策定から5年を過ぎましたが検証と評価は

 ○避難場所について
  ・災害の種類によって適応できない避難場所もあるが対応は
  ・県立高校は避難場所に出来ないのか

 ○高齢者の交通事故について
  ・高齢者ドライバーによる事故の現状と対策は
  ・運転免許返納状況と周知は

 ○振り込め詐欺など詐欺事件について
  ・被害件数、被害金額、詐欺の内容及び相談件数
  ・「振り込め詐欺見張隊〈自動通話録音機)」の普及は

2 民生児童委員について

 ○今年は3年に一度の一斉改選の年になりますが、委員のなり手が不足するのではと危惧しますが、現状は

 ○民生児童委員の周知は

 ○情報提供について
  ・災害時要援護者情報や職務に必要な情報提供は
  ・職務に必要な情報はどのようにして収集すべきと考えるか

3 人口減少・社会高齢化社会について

 ○10年後、20年後の人口をどう想定するか

 ○10年後、20年後の高齢化率の高くなる地区・高齢者単独世帯の多くなる地区は

 ○人口減少社会・高齢化社会を豊かで安定的なものにするためどのようなまちづくり施策を展開させていくのか


                      トップへ

 


平成25年6月・第384回定例会 一般質問


1 観光のまちづくりについて

 ○ 越前おおの結の花まつりについて
  ・なぜさくら祭りイベントがなくなったのか
  ・さくら祭りイベントは来年も開催しないのか。亀山で開催してはどうか

 ○ 体験観光について
  ・まちなか交流観光体験事業の内容と実績は
  ・市内にある体験施設や新たな体験観光を募集して体験観光メニューを作成しては

 ○ クーポン付き名刺について
  ・職員に市施設の入場券の割引クーポン付き名刺を配布しては

 ○ 鳩ヶ湯温泉について
  ・廃湯は忍びない。何か手だてはないのか

2 予防接種について

  ○ 風疹予防について
  ・風疹ワクチン接種の状況は
  ・ワクチン接種補助についての見解は

 ○ 子宮頸がん・ヒブ・小児用肺炎球菌のワクチンの定期接種について
  ・昨年までのワクチン接種の状況は
  ・副反応が問題になっているが対策は

3 障害者支援について

 ○ 障害者雇用について
  ・本年4月より障害者の法定雇用率が引き上げになったが、本市の法定雇用率は
  ・一般就労の目標値達成の状況と課題は


  ○ 障害者優先調達推進法について
  ・本年4月より障害者優先調達推進法が施行されたが、大野市の方針は

4 特別職の給与について

 ○ 一般職の職員の給与の減額とともに、福井市は10 l、鯖江市は7lなど、県内他市では 特別職の給与を減額しているが見解は


                         トップへ


平成24年12月・第382回定例会 一般質問


1 少子化対策について

 ○ 婚活に対する支援について
  ・第五次大野市総合計画に子どもと子育て支援の中に「婚活に対する支援」が追加されました。どのような支援を行うのか

 ○ 妊婦検診について
  ・国の妊婦検診助成制度が24年度までとなっています。来年25年度から大野市としてどのように取り組んでいく計画なのか

 ○ 不育症について
  ・不育症の検査及び治療に要する費用についての助成制度は
  ・不育症に関する市民への情報の提供や周知は
  ・不育症に関する相談窓口の開設は

2 人口減少対策について

  ○ 転入・転出アンケートを実施し市政運営の基礎資料としては
 
  ○ 人口減少対策検討委員会や人口減少対策プロジェクトチーム等で取り組む考えは

3 放課後こども教室と放課後児童クラブについて

 ○ 利用状況は

  ○ 児童数や保育時間など、現在の指導員の人数で支障はないのか

  ○ ケガなどの事故の現状と安全対策は
  

 
4 デジタル同報系防災行政無線について

 ○ 災害時や緊急時等の情報伝達・平常時の情報伝達などどのような内容を放送していくのか

  ○ 難聴地域について
  ・難聴地域の確認方法はどのように行うのか
  ・難聴地域の対策として戸別受信機の導入は

  ○ 放送内容を聞き逃した、聞こえなかった方のために、防災無線の内容を後から確認できる防災無線テレフォンサービス・メール配信サービスなどは


                         トップへ


平成24年 9月・第381回定例会 一般質問


1 医療・介護制度について

 ○ 二次医療圏の設定見直しについて
  ・福井県保健医療計画において、奥越が二次医療圏の見直し対象となっていますが大野市への影響は

 ○ 在宅医療・在宅介護の推進について
  ・緊急時や24時間の医療体制の大野市の現状は

 ○ 家族介護者について
  ・現状と問題点、支援は

 ○ 一人暮らし高齢者支援について
  ・給食サービスをもっと充実しては
  ・日常生活支援の地域体制づくりは
  ・緊急通報装置貸与の普及状況は

2 交通事故対策について

  ○ 市内の危険箇所の有無と対策は
 
  ○ 小学校の通学路の点検結果と安全確保は

3 福井県新高速交通ネットワーク活用・対策プランについて

 ○ このプランに大野市はどのように参画していくのか

  ○ 恐竜ブランドの活用について
  ・恐竜街道沿いの大野市としてどのように参画していくのか

 
4 小水力発電について

 ○  小水力発電の調査研究の進捗状態は

   
 
                     トップへ



平成24年 6月・第380回定例会 一般質問


1 職員の意識改革と政策提案について

 ○ 職員の意識改革の成果は

 ○ 職員の地域行事などへの積極的な参加を推進していますが職員の地域行事への参加状況は

 ○ 若手職員の政策提案制度の充実は

2 市民参加型の安全で安心なまちづくりについて

 ○ 市政広聴制度「電子メールやまびこ」・「市民提案箱やまびこ」の利用状況は

 ○ 市民が日常生活の中で感じた事や気づきを気軽に提案が出来る制度は

 ○ 道路の破損箇所等早期発見の為の道路見守り制度は

3 自転車を活用したまちづくりについて

 ○ 自転車を活用したまちづくりの具体的な全体構想は

 ○ 自転車が関わる事故の実態と安全対策は

 ○ 2巡目の福井国体を契機に大野のシンボルスポーツを自転車ロードレースにつなげる施策は

   
                      トップへ


平成23年12月・第378回定例会 一般質問


1 IT情報化対策について

 ○ 庁内のコンピュータのウイルスやサイバー攻撃等に対するセキュリティ対策は

 ○ 大野市地域情報化計画は最終年度となっていますが、評価と課題は

 ○ 新しい大野市地域情報化計画の策定進捗状況とビジョンは

2 自転車道について

 ○ 自転車道の整備について
  ・ 通学路の自転車道の整備状況と今後の計画は
  ・ 歩道通行可の規制基準が変わったとの報道がありましたが大野市内の歩道への影響は

 ○ 降雪・積雪・凍結時の自転車走行について
  ・ 事故防止対策等の市民への啓発をどのように行っているのか

3 予防接種について

 ○ 定期接種・任意接種の予防接種の摂取率は

 ○ 日本脳炎ワクチンの予防接種について、接種の勧奨を差し控えた子どもの人数と現在の状況

 ○ポリオ生ワクチンによる小児マヒなどの感染例の報道による摂取率の低下が危惧されますが、現状は

 ○ インフルェンザワクチン接種の啓発について

   
                      トップへ


平成23年9月・第377回定例会 一般質問

 

1 安心で安全な暮らしやすいまちづくりについて

 ○ ゲリラ豪雨等の対策について
  ・ 土砂災害に対する避難勧告や指示の発令基準はどうなっているのか。
  ・ 市内には多くの洪水・土砂災害危険箇所があるが、地元住民に危険箇所や避難場所について周知徹底されているのか。
  ・ 避難するための安全対策はどうなっているのか。

 ○ 道路情報の発信について
  ・ 子育て情報メール配信システムが開始されたが、道路情報メール配信システムはできないのか。
  ・ 道路情報掲示板に大野から福井方面への道路情報を表示できないのか。県に要望してはどうか。

 ○ 雪害対策について
  ・ 毎年、雪詰まりにより道路に水が溢れ、床下浸水の被害が出ているが、克雪市民会議ではどのような提案や議論がされているのか。
  ・ 市内の倒壊の恐れのある空き家や空き工場の現状はどうか。

 ○ 放射線測定器について
  ・ 文部科学省は第二次補正予算で全国にモニタリングポストを250台増設すると報道されたが、大野市には設置されるのか。
  ・ 子どもたちが放射線を理解するため携帯用の放射線測定器を小中学校に配置してはどうか。

 ○ 携帯電話の不感地帯について
  ・ 市内の集落には携帯電話の不感地帯はどれくらいあるのか。
  ・ 山間部の観光地の携帯電話不感地帯の解消を国・県・携帯電話会社へ要望してはどうか。

2 七間朝市活性化について

 ○ 中心市街地活性化の中で七間朝市の位置づけはどうなっているか。

 ○ 越前おおの中心市街地活性化協議会の中で、朝市についてどのような協議がされているのか。

 ○ 市内に地元野菜等の直売所や直売コーナーはいくつあるのか。朝市の出店数や客の減少と、市内の直売所の増加との因果関係はどうか。

3 大野市行政改革推進プランについて

 ○ 利用しやすい市役所への転換のため、組織体制の研究や整備の進捗状況はどうか。

 ○ わかりやすい課名への変更や課の再編は検討されているのか。

   
                      トップへ


平成23年6月・第376回定例会 一般質問


1 災害に強いまちづくりの推進について

 ○ 災害時支援協定について
  ・締結数とその状況は
  ・今後の締結拡大の計画は

 ○ ハザードマップに示された危険地帯に市の公共施設はあるのか。あるのであれば、その施設に対しての対策は
  
 ○ 総合防災訓練について

  ・子供達から高齢者まで全市あげての防災訓練が必要と思いますが、学校関係者や企業・自治体の区長・企業・消防団などの代表者と防災訓練計画を策定しては

 ○ 自主防災組織について
  ・高齢化により結成困難な地区はあるのか、あるのであれば対策は
  ・防災訓練の実施状況は

 ○ 住宅の耐震化について
  
住宅の耐震診断と耐震改修の状況は

2 地域公共交通について

 ○ 市街地循環バス・市営バス・乗合タクシーについて
  
利用状況は
  
24年からの本格運行にむけての基準は
  
 ○ 市街地循環バスについて
  
観光客の乗客数は
  
定期券の利用状況は
  
一日券の導入は    

3 越前おおのまるごと道の駅構想について

 ○ 平成27年度までに構想の策定とあるが、もっと早くできないのか。
 
 ○ まるごとでは「道の駅」として登録申請できないが、「道の駅」として登録申請をする施設は造るのか。

   

                      トップへ


平成23年3月・第375回定例会 一般質問


1 人口減少対策について

 ○ 昨年の国勢調査で、大野市は県内9市で減少率が1番高いとの結果だが見解は
  

 ○ 本年度予算案の中で、確実な人口減少対策と考える施策は
  
 ○ 平成23年の見込み減少人数は

  

2 少子化対策について

 ○ 未婚・晩婚化対策に焦点をあてた取組は
  
 ○ 子育て世帯の市外への流出に歯止めをかける施策について
   保育料の見直しについては
   保護者の通勤時間帯を考慮した児童センターの開所時間や病児デイケアについては

   

3 雪に強いまちづくりについて

 ○ 今年の豪雪においての問題点と今後の対策については
 
 ○ 除雪(雪かき)ボランティアについて
   
現状と今冬の活動状況
  
 ○ 排雪場所について
   
市内3箇所ですが、もっと増やせないのか

 ○ 融雪装置設置補助金制度については

 

4 地上デジタル放送への対応について

 ○ 大野市内の普及状況は
 
 ○ 市内の宿泊施設や病院などへの地デジ移行に対する支援は
    
 ○ 「地デジボランティア」による声かけ・念押し運動「地デジ詐欺ご用心!」運動については


                      トップへ

 


平成22年9月・第370回定例会 一般質問


1 民生児童委員について

 ○ 民生児童委員一斉改選について
  
選出方法と選出基準は
  
なかなか、なり手がないと聞いているが現状は
  
受け持ち世帯の現状は

 ○ 民生児童委員の活動と実態について
  
高齢者や障害者、生活保護受給者等の支援、ひとり親家庭への支援などその仕事は膨大である。市はどのように把握してどのようにサポートしているのか、

 ○ 民生児童委員と自治会長や地区福祉委員等の地域住民の生活支援を行う組織や担当者との連携について
  
職務を果たすためには、住民の生活状態を把握して、援助を必要としている人の情報の提供を受ける事が重要です。連携体制は 

2 健康づくりの推進について

 ○ 子宮がん・乳がんの無料クーポン券について
  無料クーポンの利用状況は
  無料クーポン券の今後の取り組みは

 ○ がん検診率について
  肺がん、胃がん、大腸がん、子宮がん、乳がん、前立腺がんなどの検診率は
  検診率向上への取り組みは

 ○ 生活習慣病について

  特定健康診査及び特定保健指導の実施率は
  メタボリックシンドロームの該当者・予備群の現状と減少させる為の対策は
 

3 安全で安心な雪国づくりについて

 ○ 除雪機械の借上事業について
  除雪協力委託業者の除雪機械の保有状況は
  除雪能力に応じた路線の見直しは

 ○ 流雪溝について
  流雪溝から水があふれ、道路の冠水などが、毎年問題になっているが適正な流雪溝の利用のためのルール作りが必要では
  ・流雪溝を有効活用する為の協議会の設置は

 ○ 倒壊の恐れがある空き家や空き工場等の建物について

  ・現状と対策は

                      トップ


平成22年7月・第369回定例会 一般質問


1 新学習指導要領への対応について

 ○ 完全移行にむけて、問題点は出てきていないのか
 ○ 教職員の多忙化、長時間労働が懸念されますが、実態はどうなっているのか
 ○ ゆとり教育をどのように評価しているのか

2 真名川水辺の楽校について

 ○ 子供達が身近な水辺での自然体験活動を推進することを目的で作られたと聞いていますが、活動はしているのか!
 ○ 利用人数は把握されているのか
 ○ 施設の管理体制は、どのようになっているのか
 

3 道の駅について

 ○ 結ステーションを道の駅として登録申請する考えは  

4 2巡目国体について

 ○ 「福井国体ビジョン」では、既存施設の有効活用を原則とするとなっています。国体の会場となりうる大野市内の既存の競技施設はどこか   
 ○ 競技会場誘致について大野市の意向を決定するのは、いつか
    検討委員会等を設置する予定はあるのか
                                     トップへ


平成22年3月・第367回定例会 一般質問


1 少子化対策について

 ○ 回数にかかわらず、総ての妊婦健診の原則無料化は出来ないか
 ○ 特定不妊治療についてお伺いします
 ○ 特定不妊治療費の貸付のあっせんや利子補給は
 ○ 子宮頸がん予防ワクチンの接種費用補助は
 ○ 凍結時に安心して出産する事が出来るための交通費の補助は
 ○ 若者の出会い場の創出についての考え

2 子育て支援について

 ○ チャイルドシートの貸し出し事業をすべきでは
 ○ スマイルFカードについて 生活に密着した協賛企業をもっと公募す べき
 ○ 児童クラブや放課後子供クラブの時間の延長や対象児童の柔軟な対応をすべき
 ○ 軽度発達障害の発見などに役立つといわれている5歳児検診の実 施をすべきと考えるが見解は

3 雪害対策について

 ○ 18年豪雪の教訓はどのように生かされたか
 ○ 水が溢れる箇所を解消するための今後の対策は
 ○ 空き家、空き工場など屋根雪の重みで倒壊する危険性のある建物についてどのような対策をとってきたのか
 ○ 流雪溝に水を流す対策は
 ○ 
冬期間の道路情報を多くの市民のニーズに合わせて提供すべきでは

4 スポーツ振興について

 ○ 中学校の部活動について
  ・ 少子化の中で、生徒が希望する運動部がないと聞くが現状と対策は
  ・ 運動部指導者の育成、確保について
 ○ トップアスリートへの発掘・育成については
 ○ トップアスリートへの経済的支援については    

 トップへ


平成21年12月・第366回定例会 一般質問


1 男女共同参画について

 ○ 男女共同参画社会について
  ・ 男女共同参画社会をどのようにとらえ、どのような社会を目指しているか
 ○ 男女共同参画都市の宣言について
  ・ 男女共同参画都市の宣言をしないのか
 ○ 人権尊重教育と男女共同参画教育について
  ・ 幼児・子供・教員等への人権尊重教育と男女共同参画教育
 ○ 配偶者暴力防止基本計画の策定について
  ・ 配偶者暴力防止基本計画の策定

2 まちなか循環バスと乗合タクシーについて

 ○ 利用状況
 ○ 利用促進のための具体的施策


3 高齢者運転免許証自主返納支援事業について

 ○ 高齢者の運転免許証自主返納支援事業  

        トップへ


平成21年9月・第365回定例会 一般質問


1 新型インフルエンザ対策について

 ○ 学校、幼稚園、保育園等で新型インフルエンザの集団感染が発生した場合の学校閉鎖等の基準。保育園が休園した場合の指定保育園における緊急保育措置
 ○ ワクチンについて
   ・ 妊婦や幼児、重症化する恐れのある人に対する接種費用の助成
 ○ 感染予防について
   ・ 体表面温度チェックシステムの導入
 ○ 感染時の対応について
   ・ 市民が混乱しないための的確で分かりやすい周知の徹底
   ・ 電話相談の受け付け、事前問診票の作成
   ・ 感染が拡大した場合の病床に係る計画

2 予算等の公開について

 ○ 予算編成過程や査定結果の公開
 ○ 分かりやすい予算解説書の公開

3 副市長の業務について

 ○ 本年6月まで副市長2人で行っていた業務の引き継ぎ
 ○ 副市長1人制になったことによる業務への支障    

  トップへ


平成21年6月・第363回定例会 一般質問


1 新型インフルエンザ対策について

 ○ 治療薬等について
   ・ タミフル、リレンザ等の抗インフルエンザ薬の備蓄は十分か
   ・ 新型インフルエンザ検査キットの備蓄は十分か
   ・ タミフルによる子供の異常行動問題への対応
 ○ 医療体制について
   ・ 感染の疑いのある患者への対応
   ・ 感染患者の市内での受け入れ体制
 ○ 流行した場合について
   ・ 新型インフルエンザの正しい情報発信
   ・ 流行した場合を想定した対策訓練
   ・ 業務継続計画ガイドラインの進捗(しんちょく)状況
   ・ 市の新型インフルエンザ対策行動計画

2 ウィルス性肝炎対策について

 ○ インターフェロン治療の助成事業について
   ・ 医療費助成対象者の実態把握
   ・ 医療費助成の現状
 ○ 肝炎検査について
   ・ 無料肝炎ウィルス検査の促進
   ・ 受診率目標の制定
 ○ 市民に対する正しい知識の普及・理解について
   ・ 講演会などの開催
 ○ 救済対策について
   ・ 市としてできること                 

    トップへ


平成21年3月・第360回定例会 一般質問


1 地上デジタル放送への円滑な移行推進について

 ○ 本市の地上デジタルテレビの普及率
 ○ 低所得者層、高齢者等への受信機器購入等に係る支援
 ○ 高齢者だけの世帯等に対する戸別訪問等によるサポート
 ○ 公共施設のデジタル化の現状と完了予定
 ○ デジタル放送を利用した地域情報の発信
 ○ アナログテレビの不法投棄対策
 ○ デジタル放送移行に伴う悪質商法対策

2 花粉症対策について

 ○ 本市の杉林の現状
 ○ スギ花粉の飛散を少なくする対策について
   ・ これまでの取り組み
   ・ 少花粉杉などの植林
   ・ 大野産杉材の利用促進

3 児童生徒の視力低下防止について

 ○ 本市における視力1.0未満の子供の割合
 ○ 近視予防の方策
 ○ 近見視力検査
 ○ 視力回復の推進                   

   トップへ


平成20年12月・第358回定例会 一般質問


1 少子化対策について

 ○ 妊産婦の経済的支援について
   ・ 妊産婦健診の公的負担の拡充
   ・ 乳幼児健診への補助
 ○ 里帰り出産について
   ・ 妊産婦健診等への補助
 ○ 不妊治療について
   ・ 現在の利用状況と実績
   ・ 不妊治療の無料化
 ○ 冬期間の出産について
   ・ 安心して出産するための施策

2 福井社会保険病院について

 ○ 病院の存続について
   ・ 現在の国・県の動向
   ・ 公的病院として存続させるための早急な対応
   ・ 勝山市との連携                  

    トップへ


平成20年9月・第357回定例会 一般質問


1 災害に強い町づくりについて

 ○ 自主防災組織について
   ・ 結成の現状と未結成地区への対応
   ・ 災害時要援護者避難支援プランの課題と問題点
   ・ ホームヘルパーと自主防災組織との連携
 ○ 災害ボランティアコーディネーターの養成
 ○ 耐震診断・改修の現状と今後について
   ・ 第1次・第2次避難場所および保育所、幼稚園、病院等の民間施設の耐震診断と耐震改修
   ・ 住宅の耐震診断および補強プランの申し込みと耐震改修の状況
 ○ 民間事業者との災害協定の状況

2 交通空白地域の住民の交通手段確保について

 ○ 予約制乗合タクシーの普及

3 森と湖に親しむつどい全国大会について

 ○ シンポジウムの成果             

       トップへ



平成20年6月・第356回定例会 一般質問


1 人口減少対策について

 ○ 10年後の本市の人口推移
 ○ 住んで良かった、住み続けたくなるまちにするための本市独自の施策

2 地球温暖化対策について

 ○ 地球温暖化対策の現状
 ○ 省エネ対策の現状

3 トップアスリート育成について

 ○ 本県での2巡目国体開催についての市としての見解
 ○ トップアスリートの育成
          

               トップへ


平成20年3月・第355回定例会 一般質問


1 健康増進事業について

 ○ 20年度から実施される特定健診と従来の基本健診との違い
 ○ 特定健診未受診者対策の徹底
 ○ 40歳未満と75歳以上の対象外者への対応
 ○ がん検診の受診率向上への取り組み

2  妊婦に優しいまちづくりについて

 ○ マタニティマークに対する市の考え
 ○ マタニティマークの普及啓発
 ○ マタニティマーク関連グッズの配布
 ○ 公共施設や商業施設における妊婦専用駐車場の設置 

 トップへ


平成19年12月・第353回定例会 一般質問


1 越前おおの中心市街地活性化基本計画について

 ○ 大東染工跡地の位置付けと利用計画
 ○ 有終西小学校跡地の位置付けと利用計画
 ○ 亀山公園の有効利用
               

      トップへ



平成19年9月・第352回定例会 一般質問


1 少子化について

 ○ 安心して出産するための支援
 ○ 子育て家庭への支援

2 .予防介護事業について

 ○ 回想法による介護予防              

     トップへ


平成19年6月・第351回定例会 一般質問


1 健康づくり推進について

 ○ メタボリックシンドローム対策
 ○ がん対策

2 .大野市スポーツ振興計画について

 ○ ジュニアアスリートの環境
 ○ スポーツ少年団、スポーツクラブへの支援    

     トップへ



平成19年3月・第350回定例会 一般質問


1 少子化について

○ 緊急時の出産場所
○ 特定不妊治療助成金
○ 若者出会い交流応援事業

2 .大野市スポーツ振興計画について

○ トップアスリートの養成         

           トップへ


Copiright (C) 2007 junko_ishizuka All Rights Reserved.